ベルトコンベアーは工場に必要な存在~重いものは機械にお任せ~

男性

どのような役割か

トンネルの掘削には必要

作業

以前の日本では鉱物資源の掘削にベルトコンベアーを活用していましたが、最近は鉱物資源の枯渇と世界的な価格競争力の影響で国内の鉱物資源の鉱山は活動を停止して長い時間が経過しています。最近のベルトコンベアーのニーズとしてはトンネル工事の掘削によって発生した残土や砕石などを場外に搬送するために使用するためのものがあります。トンネルを掘り進むにつれてベルトコンベアーの距離を伸ばしていかなければなりませんので、施工計画を立案する際には入念な搬出計画を同時に立案しなければなりません。一般的にはトンネルを掘削した後には壁の崩落防止と土間の部分を通行しやすいように整備しますので、ダンプカーに積み込むことを前提に計画を立案します。

盛替えをスムーズに行う

トンネル工事をスムーズに行うためには掘削したものを如何にスムーズに搬出できるかにかかっています。ベルトコンベアーの盛替えを迅速に行うことが工事の効率の鍵を握っています。トンネルの掘削地点におけるベルトコンベアーに掘削物を乗せるためには重機が必要となりますが、スペースの都合もありますので小型で小回りが利くと同時に積載量の大きなものが最適となります。搬出側のベルトコンベアーのサイドはダンプカーにそのまま積載できるような工夫が必要です。ダンプカーに積載しやすいようにベルトコンベアーは最後の地点で上向きになるように設置しておく必要があります。上向きにしても積載物が落下しないように工夫して効率の良い搬出を行います。